地図

オーロラ航空の航空券の検索・予約

ロシア極東地域を中心に運航 オーロラ航空

オーロラ航空はサハリン航空・ウラジオストク航空の合併により、2013年に設立されたロシアの航空会社です。ウラジオストクハバロフスクユジノサハリンスクといったロシア極東地域を拠点に国内線をはじめ、日本や韓国 (ソウル) ・中国 (ハルビン) への国際線も運航。東京 (成田) -ウラジオストク、札幌 (新千歳) -ユジノサハリンスクへの直行便を就航しています。航空アライアンスには加盟していませんが、アエロフロート・ロシア航空の傘下にありコードシェア提携をしています。保有機材は24機で、エアバスА319とボンバルディアDHC-8をメインに利用しています。国際線、国内線ともに利用旅客数が増えており、ロシア国内都市だけでなく釜山や香港への路線拡大も進めています。

オーロラ航空の割引プラン

オーロラ航空のWEBサイトより搭乗日や行き先を指定すると、最安値運賃を検索することができます。エコノミークラスの運賃はLIGHT・PROMO・SAVER・STANDARTの4タイプで、予約変更や払い戻しに制限があります。どの運賃も予約変更時には手数料が発生します。LIGHTは最もベーシックな運賃で受託手荷物のサービスが付帯されていないため、近距離の移動に最適です。そのほかにも期間限定でセール運賃が発売されることもあります。

オーロラ航空のマイレージサービス

オーロラ航空としてマイレージプログラムは運営していませんが、親会社であるアエロフロート・ロシア航空の「アエロフロート・ボーナス」では、オーロラ航空便を利用することでマイルを貯めたり特典に交換することもできます。

オーロラ航空の評価

サハリン航空とウラジオストク航空を前身としていますが、オーロラ航空としては2013年に設立されたばかりでこれからの路線拡大が期待されている航空会社です。アエロフロート・ロシア航空の子会社としてコードシェア提携を行っていることから予約の利便性が向上し、日本での知名度も徐々に上がりつつあります。ウラジオストクはモスクワへとつながるシベリア鉄道の始発点でもあることから極東地域への旅行や出張で利用する人も増えています。

オーロラ航空が利用している航空機のタイプ

ロシア極東地域を運航するリージョナルキャリアでもあることから、短距離線にはボンバルディア社のターボプロップ機DHC-8シリーズ、DHC-6のほか、エアバスA319機 (10機) も利用しています。A319はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラスですが、DHC-8シリーズはエコノミークラスのみのモノクラスです。成田-ウラジオストク間も通常はDHC-8シリーズで運航しています。 (2018年2月現在)

オーロラ航空の主な就航ルート

スカイスキャナーでは、オーロラは以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
札幌 (新千歳空港) 発 - ユジノサハリンスク 行き 1時間20分
東京 (成田空港) 発 - ウラジオストク 行き 2時間55分

オーロラ航空のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

オーロラ航空の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

オーロラ航空のサービス

チェックイン

出発空港 搭乗カウンターの場所
成田空港 第1ターミナル 北ウイング 4階 D
新千歳空港 国際線ターミナルビル3F

空港カウンターでのチェックイン手続きが必要です。出発2時間前から40分前までチェックインを受け付けています。日本発の路線では、フライト出発時刻の2時間前から1時間前までに手続きを済ませるようにしましょう。ロシア発のフライトも空港が混雑している可能性もあるので、出発時刻の2時間前を目安にチェックインを済ませておくと安心です。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ハンドバッグなどの身の回り品のほか荷物の3辺の和35cm×25cm×15cm以内、重量5kg以下の荷物1個まで。A319での運航時は荷物のサイズは3辺が55cm×40cm×20cm 以内、重量10kg (ビジネスクラスは15kg) まで。   
受託手荷物 ビジネスクラス・エコノミークラスともに荷物の大きさは3辺の和が158cm以内、1個まで。総重量はエコノミークラスが23kgまで。ビジネスクラスは32kgまで。※機材がDHC8の場合、1人あたり20kg以上の荷物は搭載制限あり

国際線・国内線

搭乗クラス

国際線・国内線ともにビジネスクラスとエコノミークラスの2クラスが設定されていますが、路線や機材によってはエコノミークラスのみになります。エアバスА319での運航便はビジネスクラスとエコノミーの2クラスで機内食などのサービスも提供されます。成田-ウラジオストク、新千歳-ユジノサハリンスクの2路線はいずれも小型の機材で運航しており、エコノミークラスのみです。

機内サービス

3時間以上のフライトの場合、ドリンクとミールサービスの提供があります。3時間以内のフライトは、ドリンクとライトミールが提供されます。日本発着路線は短時間のフライトのため、ドリンクサービスのみです。ビジネスクラスの場合は、2時間以上のフライトでミールサービスがあります。ソウルなどのアジア線では、中国や韓国料理を取り入れたメニューもあります。

オーロラ航空の手数料

利用する運賃種別によって、予約変更や変更に伴う航空券の再発行時に所定の手数料が発生します。

オーロラ航空

4.5/5
233件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

このページに表示されている価格は過去15日間で見つかった最安の概算価格です。