地図

羽田空港 (HND) 発 - 大阪 (OSAA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な大阪行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥16,060

直行便航空会社

10

週の便数

322

平均飛行時間、合計距離416 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

よくある質問

大阪には 2 つの空港があります。大阪 関西国際と大阪 伊丹です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田から大阪までの最安フライト料金は、¥16,033です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田から大阪までの平均フライト時間は1 時間 5 分です。
東京 羽田から大阪までの直行便があるエアラインは、10社あります。
8月時点では、東京 羽田から大阪までは毎週 322 本のフライトがあります。

羽田空港 (HND) -伊丹空港 (ITM) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空)ANA (全日空)

JALとANAはスカイトラックス (Skytrax) より5スターエアラインに選定され、キャビンの快適性や機内サービスにおいて利用者から高い評価を受けています。JALはファースト・クラスJ・普通席の3クラス、ANAはプレミアムクラス・普通席の2クラス仕様の機材で運航。グレードの高いクラスでは座席にゆとりがあり、時間帯によって有名店とのコラボによるミールサービスも充実。約1時間10分という短いフライトですがリラックスして過ごせます。また羽田-伊丹線を運航するLCCはありません。

羽田空港 (HND) -関西国際空港 (KIX) 行きの便

JAL (日本航空)ANA (全日空)スターフライヤー

JALはJAL SKY NEXT仕様の機材による運航で、機内Wi-Fiサービスでフライト中もメールやSNSを利用できます。ANAでも機内Wi-Fiサービス利用な機材を順次導入。スターフライヤーは普通席のみのモノクラスですが、1席あたりの座席スペースが広くゆとりがあります。座席にUSBポートや電源もセットされているので、フライト中にスマートフォンの充電もできます。

定期便の便数

羽田発-伊丹行きの直行便 JAL (日本航空) :15便、ANA (全日空):15便
羽田発-関西行きの直行便 JAL (日本航空):3便、ANA (全日空):5便、スターフライヤー:5便

羽田-伊丹線は30便、羽田-関西線は13便と便数が多く設定されています。羽田空港は利用航空会社によってターミナルが異なり、JALは第1ターミナル、ANAとスターフライヤー (関西空港行き) は第2ターミナルを使用しています。伊丹行きの始発便は朝6時台、最終便は19時台です。関西行きの最終便は21時台発で遅めの時間に設定されています。

直行便以外のアクセスルート

羽田発-伊丹行き、関西行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。途中、乗り継ぎ可能な空港の設定は特にありません。

路線の概要・メリット

羽田空港発-大阪行き航空券の相場
羽田-大阪線はシーズナリティによる価格変動が少なく、航空券の価格は年間を通して15,000~17,000円前後です。LCCは就航していませんが、早期購入割引運賃の適用期間に予約をすれば片道10,000円以下の航空券も利用可能です。運賃は便ごとの需要動向や空席予測数に基づいて設定されるため、朝のフライトは人気があり、やや相場が高くなります。

路線の特徴
羽田-大阪線は国内航空便の主要幹線のひとつです。また新幹線との競合路線であり、ビジネスユースの旅客が多く、朝夕のフライトは人気があります。羽田-関西線は最終便が21時台発なので、東京からの日帰り出張にも便利です。伊丹空港と関西空港は同一都市のマルチエアポートとして位置づけられているため、(往路) 羽田-関西、(復路) 伊丹-羽田のように往路と復路の発着空港をそれぞれ指定できるので便利です。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は国内最大規模の空港で、国内線・国際線あわせて年間旅客数は8,500万人を超えています。国内48都市と海外31都市と東京を結ぶ定期便が発着し、2020年の東京オリンピック開催にむけて利用者の増加が見込まれています。機能性・快適性に優れた旅客ターミナルや空港スタッフのサービス品質の高さが評価され、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されました。JALANAが開設しているエアラインラウンジのほかカードラウンジも複数あり、出発前にリラックスしたりパソコンで仕事をすることも可能です。ショッピングやレストラン街も充実し、羽田空港限定スイーツも人気があります。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪にある二大拠点空港で、神戸空港も含め関西三空港として位置づけられています。伊丹空港は国内線33路線の定期便が発着し、市内中心部へのアクセスもよいことから出張利用客が多いのが特徴です。旅客ターミナルの改修工事が進められ、2020年に全面改修が完了予定です。手荷物検査場の混雑緩和を目的としたスマートレーンの導入や、南北に分かれていた到着口を中央に集約するなど、機能的で利便性の高いターミナルへと生まれ変わろうとしています。
関西国際空港はアジア方面への国際線が充実しているほか、国内線も16路線が就航。内際ともにLCCの路線が多く、ピーチ (peach) ジェットスタージャパンが関空を拠点空港としています。24時間運用可能なので、羽田空港を20時~21時台に出発する遅い時間の便も選択可能です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は23区南部にあり、都心部からの交通手段も多くアクセス便利です。浜松町駅からはモノレール空港快速、品川駅から京急エアポート快特を利用すると20分前後で空港ターミナルまでアクセス可能です。モノレールと京浜急行電鉄は国内線旅客ターミナルの地下まで乗り入れているので、改札を出てからそのまま到着階まで移動できます。新宿・池袋・渋谷・銀座にある主要ホテルやターミナル駅から羽田空港行きのリムジンバスも運行しています。そのほか東京ディズニーリゾート・お台場・横浜みなとみらい地区・幕張方面からの路線もあります。また都内各地から定額タクシー (要事前予約) も利用すると、自宅や勤め先から空港ターミナルまでダイレクトにアクセス可能です。

伊丹空港
伊丹空港は大阪中心部に比較的近い場所に立地し、モノレール・鉄道・空港リムジンバス・タクシー (車) が主な交通手段です。モノレール大阪空港駅は、旅客ターミナルと連結。蛍池駅でモノレールから阪急線に乗り換えれば、梅田駅のほか京都・神戸・宝塚方面へアクセス可能です。空港リムジンバスは大阪駅前 (梅田) と周辺のホテル・新大阪駅・なんば・近鉄上本町駅など主要ターミナル駅行きの路線があります。阪神甲子園駅やユニバーサル・スタジオ・ジャパン™への路線もあるので、レジャースポットへ遊びに行くのも便利です。タクシーは空港正面に乗り場があり、到着フロアからすぐに乗車できます。

関西国際空港
関西国際空港から大阪中心部への主な交通手段は鉄道・リムジンバス・車 (タクシー)・高速船です。空港正面のエアロプラザと南海・JRの関西空港駅が連結。南海ラピートαでなんばまで約34分、堺までは約27分で移動可能です。JR特急はるかを利用する場合は、新大阪駅には約50分、京都には約75分で到着します。空港リムジンバスの路線も多く、大阪駅前・なんば (OCAT)・近鉄上本町・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™・あべのハルカスなどへダイレクトにアクセスできます。そのほか関西国際空港と神戸空港の2つの海上空港を結ぶ高速船もあり、所要時間は約30分です。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。