地図

パプアニューギニア行きの格安航空券の検索・比較

日本からパプアニューギニア行きのフライト

パプアニューギニアはオーストラリアの北、赤道直下に位置する南太平洋の国です。ニューギニア島の東側半分のほか、ビスマルク諸島など大小あわせて1万を超える島々から成り立っています。ダイビングやサーフィンなどマリンスポーツが楽しめるスポットが多い一方で、島内の自然公園ではパプアニューギニアにしか生息していない珍しい動物を観察できます。ニューギニア島のオーエンスタンレー山脈のトレッキングも盛んです。首都はポートモレスビーでパプア湾に面する港湾都市として発展しています。ポートモレスビー・ジャクソン国際空港はパプアニューギニア最大の空港で、オセアニアの主要空港からの定期便が就航。パプアニューギニアの島々とポートモレスビーを結ぶ国内線も多数発着しています。日本からもポートモレスビー行きの直行便が週1便就航し、ソロモン諸島へもアクセス良好です。

ポートモレスビー行きのフライト

ポートモレスビー・ジャクソン国際空港はパプアニューギニア最大の空港で、ターミナルは国内線と国際線に分かれ、国際線はオーストラリア・ミクロネシア・アジアからの定期便が発着しています。パプアニューギニア国営のニューギニア航空 (Air Niugini) のメインハブ空港で、ポートモレスビーを経由してホニアラ (ソロモン諸島) 行きのフライトにも乗り継ぎが便利です。成田-ポートモレスビー線は直行便が週1回就航していますが、運航会社の都合により運休になる場合もあるので航空券を予約する際にスケジュールを確認しましょう。直行便以外にもアジアやオーストラリアを経由するルートも利用可能です。

パプアニューギニア行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

パプアニューギニア行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

パプアニューギニア行き航空券の安い時期・高い時期

パプアニューギニアは熱帯気候で年間を通して温暖な気候です。高山地帯以外は、乾季 (5~11月) と雨季 (12~4月) にわかれていますが、ポートモレスビーでは雨はそれほど多く降りません。ダイビングのメッカとして知られるパプアニューギニアですが、ポートモレスビー周辺の南東部は10~5月、北西部では5~11月がマリンスポーツを楽しめるベストシーズンです。航空券は旅行者の増える夏休み (7~9月) 、年末年始 (12~1月) は価格が高くなりますが、10~11月は相場が安くなり往復10万円以下の航空券も利用可能です。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃。価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

パプアニューギニア行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?パプアニューギニア行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接パプアニューギニア行きのフライトを予約することができます。

パプアニューギニア行きの直行便を就航する日本の空港

成田空港からポートモレスビー行きの直行便が就航しています。週1往復と便数は限られていますが、ポートモレスビー到着までは6時間50分のフライトです。乗継便を利用する場合は、成田空港より香港マニラシンガポールといったアジアの主要空港でポートモレスビー行きのフライトに乗り継げます。ブリスベンケアンズといったオーストラリア経由のルートも利用可能です。飛行機を乗り継ぐ場合は、経由地での待ち時間も含めるとポートモレスビーまでは14~17時間ほどかかります。

パプアニューギニア行きの航空会社

ニューギニア航空 (Air Niugini) は、ポートモレスビーを拠点にオセアニア・アジア太平洋の主要空港に路線ネットワークを展開しています。日本にも就航し、ポートモレスビー行きの直行便を開設し、エコノミークラスとビジネスクラスの2クラスから搭乗クラスが選択可能です。直行便以外にもカンタス航空 (ブリスベン経由・ケアンズ経由) のフライトのほか、日本から乗継地までの区間はフィリピン航空 (マニラ) ・シンガポール航空 (シンガポール) ・セブパシフィック航空 (マニラ) ・香港エクスプレス (香港) ・ジェットスター (ケアンズ) へのフライトを利用できます。

航空会社 タイプ アライアンス 主な就航ルート
ニューギニア航空 フルサービス   成田→ポートモレスビー
フィリピン航空 フルサービス   成田・羽田→マニラ
※マニラ以遠はニューギニア航空
カンタス航空 フルサービス oneworld 成田→ブリスベン→ポートモレスビー
成田・関西→ケアンズ→ポートモレスビー
シンガポール航空 フルサービス Star Alliance 成田・羽田→シンガポール
※シンガポール以遠はニューギニア航空
セブパシフィック航空 LCC Value Alliance 成田→マニラ
※マニラ以遠はニューギニア航空
ジェットスター フルサービス   成田・関西→ケアンズ
※ケアンズ以遠はニューギニア航空
香港エクスプレス フルサービス   成田・羽田→香港
※香港以遠はニューギニア航空

パプアニューギニアの主要空港から市内までのアクセス

ポートモレスビーの空港→市内

ポートモレスビー・ジャクソン国際空港は、市内中心部から8km離れた地点に位置しています。ポートモレスビー市内にはPMV (Public Motor Vehicle) と呼ばれる乗り合いバスがよく利用されていますが、空港からはホテルや旅行会社の送迎サービスを利用するのが一般的です。空港から市内中心部までタクシーも利用可能ですが、メーターのないタクシーが大半なのでトラブルも少なくありません。ホテル等の送迎サービスのほうがより安全かつ安心です。車を利用した場合、市内中心部までは約20分で到着します。

エチオピア旅行のお役立ち情報

海に山に!本格的なネイチャー体験が楽しめるパプアニューギニアの旅

首都ポートモレスビーでは国立博物館・美術館でパプアニューギニアの歴史や民俗文化などを知ることができる工芸品や美術品が展示されています。また古くから伝わるマパリック・ハウスタンバラン「精霊の家」の形に建てられた国会議事堂は一見の価値ありです。ポートモレスビーから飛行機で約1時間の場所にあるマダンやアロタウはダイビングスポットとして人気があります。シュノーケリングも十分楽しめるので、ビーチリゾートでの休日を満喫したい人におすすめです。またニューギニア島のオーエンスタンレー山脈のココダを起点にオーエンズコーナーまで約96kmを10日にわたるトレッキングに多くの観光客が参加しています。ショートコースから本格的なトレッキングが楽しめるコースもありパプアニューギニアの大自然を感じられるのが魅力です。

海外旅行におすすめの情報・ツール

パプアニューギニアへの滞在でホテルをお探しですか?

パプアニューギニアのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な パプアニューギニアのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。