地図

カナダ行きの格安航空券の検索・比較

日本からカナダ行きのフライト

2017年に建国から150年を迎えたカナダは、美しく雄大な自然を感じられる観光スポットが多く、夏はトレッキング、冬はスキーなどのウィンタースポーツを楽しめます。ケベックやカナディアンロッキーなどの世界遺産もあり、1度の滞在で街歩きとネイチャーツアーの両方を体験することもできます。

バンクーバー行きのフライト

東海岸のトロントは羽田成田関空の各空港からの直行便が就航し、日本からの平均飛行時間は約9時間。日本以外にも中国・台湾・韓国などアジアの航空会社の乗り入れも多く、アジアからのカナダへの玄関口となる空港でもあります。市街地から30分ほどのところにスキー場もあり海と山に囲まれた美しい都市で、特にアジア系の移民が多いことでも有名です。日本からは観光以外にも留学やワーキングホリデーで渡航する人も多い都市です。

トロント行きのフライト

西海岸のトロント・ピアソン国際空港はカナダ最大規模の空港で、エアカナダウェストジェット航空のハブ空港。日本からの直行便はトロント行きの直行便は羽田空港成田空港から就航、日本からのフライトの平均飛行時間は約12時間です。

そのほかにも旅客数の多い国内の主要空港としてオタワモントリオールカルガリーエドモントンハリファックスなどがあり、これらの都市へはバンクーバー・トロントから国内線で乗り継いでアクセスします。

カナダ行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

日本からカナダ行きの航空券は、年間の平均で約120,000円です。(*1)

カナダ行き航空券の安い時期・高い時期

夏休み期間中は航空運賃の相場が高くなり、特に8月は年間の平均運賃と比較すると約20%運賃がアップします。2〜3月、10〜11月は運賃が安く、10万円以下で往復航空券が利用できる場合もあり、年間平均運賃よりも約8~16%も運賃が下がります。
(*2)

カナダは世界2位の国土面積で、東海岸と西海岸、都市によっても気候が異なります。西海岸のバンクーバーは比較的温暖で湿度も低く1年を通して過ごしやすい気候で、春は桜、秋は紅葉を楽しめます。トロントは日本と比較すると気温が低く、日本のような猛暑になることもなく夏は快適です。一方冬は長く12月~2月までは気温が0度を下回ることもあるので、マフラーやコードなど防寒対策をしっかりしましょう。カナディアンロッキーの観光拠点でもあるカルガリーやスキーリゾートのウィスラーは冬になると氷点下の寒い日が続きますが、パウダースノーのゲレンデで思う存分にスキーやスノーボードを楽しめます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

カナダの人気都市行き 格安料金のチケット

カナダ行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?カナダ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接カナダ行きのフライトを予約することができます。

カナダへの直行便

日本からはカナダへは、成田空港・羽田空港・関西国際空港より直行便が就航しています。バンクーバーへの直行便が多く、羽田・成田・関西の各空港からのフライトがあります。羽田空港・成田空港からはバンクーバー行きトロント行きの直行便があります。また関西国際空港からもバンクーバー行きの直行便を就航。カルガリーやモントリオール、オタワといったカナダ国内主要都市へはバンクーバー、トロントから国内線へ乗り継ぎになります。

カナダへ就航する主な航空会社

成田空港発バンクーバー行きの直行便はエア・カナダJAL (日本航空) が運航しています。羽田発のバンクーバー行きはANA (全日空) が就航しています。成田・羽田空港からトロントへの直行便はエア・カナダが週7往復しています。エア・カナダとANAはスターアライアンスに加盟しているためコードシェアエリングを行っており、カナダ・日本の各国内線への乗継もスムーズです。バンクーバーまでは約9時間、トロントまでは約12時間の長距離フライトなので、プレミアムエコノミーやビジネスクラスも人気です。

関西国際空港から出発する場合は、中国東方航空 (上海乗り継ぎ)や中国国際航空 (エアチャイナ) (北京乗り継ぎ) を利用するルートもあります。そのほかにもデルタ航空便で日本を出発し、シアトルで乗り継いでバンクーバーまで、デトロイトで乗り継いでトロントまで行くこともできます。

カナダの主要空港から市内までのアクセス

バンクーバーもトロントも空港と市内中心部を結ぶ鉄道が通っています。

バンクーバーの空港→市内

バンクーバー国際空港(YVR)では到着口のすぐ近くから出発しているバンクーバー・スカイトレイン (カナダライン) に乗車すると約25分で終点のウオーターフロント (Waterfront) に到着。ホテルやショッピングセンターはロブソン通りやバラード駅周辺に多く、街歩きに便利です。

トロントの空港→市内

トロント・ピアソン国際空港(YYZ)からはUPエキスプレスを利用するとユニオン (Union) 駅まで行くことができます。ヤング -ダンダス・スクエアはトロントで最もにぎわいを見せている繁華街で、トロント・イートン・センター (ショッピングセンター) もあります。1日中多くの人が行き交い、観光客もたくさん訪れます。

カルガリー(YYC)エドモントン(YEG)ハリファックス(YHZ) といった主要空港からは市内へ向かうバスが発着しています。荷物が多い場合はタクシーを利用しても良いでしょう。

カナダ・モントリオールへの直行便が就航でさらに便利に

北米のパリと呼ばれるカナダ・モントリオール。2018年6月より成田→モントリオール線の直行便が就航します。夏期は毎日、冬期は週3便をエア・カナダが運航。モントリオールへのアクセスが向上します。

eTA、ESTAの手続きもお忘れなく

またカナダに渡航する際には電子渡航許可証 (eTA) の取得が必要です。オンラインでパスポート、クレジットカード、メールアドレスを登録して申請手続きを行います。またアメリカで乗り継いでカナダに入国する場合は、電子渡航認証システム(ESTA)を申請し、渡航認証を取得しなければなりません。カナダのeTA、アメリカのESTAともに早めに手続きを済ませておくようにしましょう。
参考記事:eTA(イータ)・ESTA(エスタ)とは?

そのほか、カナダの見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

カナダへの滞在でホテルをお探しですか?

カナダのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なカナダのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。